日本円からタイバーツへの換金について ( 日本での換金、タイでの換金率の違い)

こんにちわ

今回は日本円からタイバーツへの換金について ( 日本での換金、タイ国内での換金の違い)を説明します。

 

タイバーツを日本で換金する場合と日本で換金する場合はどちらがお得ですか?と弊社を利用頂くお客様からよくお問い合わせを頂きます。多少日にちは違いますが、同時期でのレートの違い、そしてそれぞれの場所での換金のレートについてご説明します。

 

【日本での日本円からタイバーツへの換金】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上記写真は2017年10月04日の成田空港内の三菱東京UFJ銀行のレートです。ここで円貨→外貨 ( SELLING )の項目を見るとタイ(THB)は3.85と表記されています。この数字が日本円からタイバーツへの換金レートであり、換金した日本円にこの数字・3.85を割ると手元に来るタイバーツがわかります。

例 – 10,000円を換金

10,000円÷3.85=2,597.4バーツ (  1バーツ=3.85円 )

【タイでの日本円からタイバーツへの換金】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

J上記写真は2017年10月10日のプーケット・パトンビーチにあるKASIKORN BANKの換金所の換金レートです。ここで0.29008と表記されておりますが(日本円→タイバーツ)、こちらは換金をしたい日本円へこの数字を掛けて頂くと、手元に来るタイバーツがわかります。

例 – 10,000円を換金

10,000円×0.29008=2,900.8バーツ ( 1バーツ=3.44円  )
( 10,000円÷2,900.8バーツ=3,44円 )

 

【注意】
パトンビーチなどの現地での換金レートとバンコクやプーケット空港での換金レートを比べた場合、空港のほうが若干レートが悪いようです。

【タイと日本での換金の比較】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本にて換金 2,597.4バーツ ( 1バーツ=3.85円 )
タイにて換金  2,900.8バーツ ( 1バーツ=3.44円 )
———————————————————–
その差                304.4バーツ (タイで換金したほうがお得)

 

多少日にちが違いますが、同じ金額を日本とタイでのレートを比較した場合、現地・プーケットで換金をしたほうがかなりお得だということがわかりますね。しかしながら、旅慣れている方は現地到着後での換金でも大丈夫かと思いますが、初めてプーケットへのご旅行の方は現地通貨が手元にないと不安になると思います。そのため、小額を日本にて日本円からタイバーツへ換金され、プーケット到着後に使用するタイバーツは現地で換金される事をお勧めします。

 

プーケット旅行センター

Share Button