previous arrow
next arrow
PlayPause
ArrowArrow
Slider

ソンテウ(乗り合いバス)の乗り方

こんにちわ

今回はプーケットタウンから出発しているローカルバス・ソンテウ(乗り合いバス)の乗り方を説明します。

プーケットタウン・Ranong通りは常時地元の人たちで賑わうダォターオ市場 があります。この通りを徘徊すると、写真のような数台のバスが駐車しているのが目に留まります。これがプーケットタウン発のパトンビーチやカロンビーチなどの各方面へ向うローカルバス・ソンテウの始発場所です。

車の前、もしくは後ろに行き先が書いてあり、パトン方面であればPHUKET TOWN – PATONGと表示されたバスに乗ってください。基本的には30分に一本の割合で出発ですが、日本のような時刻表での管理ではなく、ある程度人が集まったら出発するのであせらずのんびりと待ちましょう。

出発すると、写真のようなおばさんが乗車代・30バーツを集金します。1000バーツを出すとお釣りがないため、事前に細かいお金を用意すると良いでしょう。

日本のような停留所はないため、降りたい場所の近くで運転手や写真のおばさんに合図で伝えるバスは止まります。通常、トゥクトゥクを使うと30分程度の距離ですが、今回は50分ほどでパトンビーチに到着しました。

ローカルな雰囲気を味わえるこのソンテウ。のんびりと移動するにはお勧めの移動手段です。

運行時間
プーケットタウン – パトンビーチ 07:00-17:00 (30分間隔)  乗車賃 30バーツ/名
始発場所

 

パトンビーチ – プーケットタウン 08:00-17:00 (30分間隔)  乗車賃 30バーツ/名
始発場所

 

プーケット旅行センター

Share Button

2018年07月21日のパトンビーチ&カリムビーチ・13:30頃の風景

2018年07月21日のパトンビーチ&カリムビーチ・13:30頃の風景

2018年07月21日のパトンビーチ&カリムビーチ・13:30頃の風景です。本日はパトンビーチにてRAST REnextop Asian Surfing Tour 2018 Phuket Thailandのサーフィンコンテストが行われておりました。本日が最終日であり、沖のほうで参加者が荒波の中でサーフィンを行っていました。

オフィシャルサイト https://www.facebook.com/surfingthailand/

【RAST REnextop Asian Surfing Tour 2018 Phuket Thailandの様子】

 

また、カリムビーチでは地元の子供たちがボードの上に寝そべり、波遊びを楽しんでいる風景を見かけました。雨季のサーフィンはプーケットでかなり定着したようですね。

【カリムビーチ】

 

プーケット旅行センター

Share Button

アイリッシュタイムズ プーケット ( THE IRISH TIMES PHUKET ) / パトンビーチのアイリッシュパブ

こんにちわ

今回はパトンビーチ・ジャンクセイロン内にあるアイリッシュパブ・アイリッシュタイムズ プーケット ( THE IRISH TIMES PHUKET ) を紹介します。

アイリッシュタイムズ プーケット ( THE IRISH TIMES PHUKET ) / パトンビーチのアイリッシュパブ

【アイリッシュタイムズ プーケット ( THE IRISH TIMES PHUKET ) のお店の雰囲気】
アイリッシュタイムズ プーケット ( THE IRISH TIMES PHUKET ) はジャンクセイロンにあるアイリッシュパブです。ジャンクセイロンの東端にあるため、正面からアクセスするよりも、面したビーチから3本目の道路よりアクセスするほうが良いと思います。店の入り口前にはヨーロッパ各国の国旗が掲げられ、タイスタイルとは異なる、インターナショナルな雰囲気です。座席は屋内&屋外の2種類がありますが、店内にはスポーツ観戦用のテレビが多く設置されているため、屋内の座席のほうがお勧めです。

 

【アイリッシュタイムズ プーケット ( THE IRISH TIMES PHUKET ) の料理】

1.生ビール ( チャンビール) -100バーツ/杯
店内では様々なビールやカクテルが用意されており、早く来店するとお得にアルコールが楽しめるハッピーアワーなどがあります。他のプロモーションは時間制限があるのですが、なぜか生ビール(チャンビール)はいつも1杯100バーツプロモーションを行っております。これはチャンビール好きにはたまらないプロモーションですね。

 

2.フィッシュ&チップス  -330バーツ
日本での一般的なフィッシュ&チップスの魚フライは、既に小さく切られたものが揚げてある一口サイズですが、ここは半身を豪快にフライした物です。まずはテーブルに提供された際に、その大きさに驚かされます。
たぶんこのフライは高温で揚げた後、低温でじっくりと火を通しているのでしょう、フライの衣がサクサクしていて魚の臭みがなくて美味しいかったです。またフレンチフライも大きめで嬉しい。レモンではなくライムを搾ってかけるのがタイっぽいなぁと思いました。

 

3.ナチョス  -295バーツ
こちらもフィッシュ&チップスと同様にその大きさに驚かされます。プーケットでは高価な野菜のレタスが珍しくのっており、シャキシャキとしたレタスの食感のおかげてアッサリと食べやすいです。予めかけられてないトマトのサルサソースは、自分の好みでかける事が出来るので、コーンチップスがふやけることなくずっとカリカリした食感がたのしめます。この料理は大人数で分けるのにちょうど良いサイズです。

 

4.ガーリックシュリンプ  -240バーツ
ガーリックシュリンプはフィッシュ&チップス、ナチョスと比べると一般的なサイズですが、プリっとしたえびとモチモ&チカリカリのパンがよく合います。また、ソースはガーリックが効いているのでエビがなくなっても、ソースをパンにディップして食べても美味しかったです。

 

4.バナナスプリット  -120バーツ
横たわったバナナ2本の上にチョコレートアイス、バニラアイス、ストロベリーアイスが乗せられ、ホイップクリームとチョコレートソースが掛かった一品です。食事は揚げ物が多いので、最後のシメにはちょうど良い甘さです。

 

3名で食事をして生ビールを8杯程度で上記の食事3品とデザート1品で2000バーツ程度でした。パトンビーチのレストランとしては安いほうだと思います。ここはチャンビールの生がいつも100バーツのプロモーションなのが嬉しいです。また、ビールやカクテルの種類が豊富なので、タイビールに飽きても様々な他のアルコールが楽しめるのも魅力です。

アイリッシュタイムズ プーケット ( THE IRISH TIMES PHUKET ) は屋外の座席は1人で来店してもゆっくりと気兼ねなく座れ、屋内はトラディショナル雰囲気かつ、オシャレな造りでゆっくりとでき、1人でも大人数でも楽しめるおすすめのレストランです。

また、常時世界各国のスポーツが放映されているため、スポーツ観戦をしながらの食事も良いですね。ジャンクセイロンにてショッピングの後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

アイリッシュタイムズ プーケット ( THE IRISH TIMES PHUKET )
住所  Rat-U-Thit 200 Pee Road Patong, Kathu, Phuket 83150
電話番号 / (0)89 972 5122
営業時間  11:00-23:30頃

http://www.irishtimespub-phuket.com/

 

プーケット旅行センター

Share Button

2018年07月19日のカロンビーチ16:30頃の風景

2018年07月19日のカロンビーチ16:30頃の風景です。本日は予報が外れ、朝から非常に良い天気でした。カロンビーチは写真のように多くのツーリストたちが各自のビーチライフを楽しんでいました。

プーケット旅行センター

Share Button

デラックスの客室/ ザ・チャームリゾート( 追加料金なしで1室大人2名・子供2名宿泊可)2018年04月01日~10月31日まで

こんにちわ
プーケット旅行センターです。

今回はザ チャーム リゾートのデラックスルームをご紹介します。

デラックスの客室/ ザ・チャームリゾート
デラックスの客室/ ザ・チャームリゾート

ザ チャーム リゾート プーケットはパトンビーチの北側に位置しており、ビーチアクセスは至近の好ロケーションのホテルであり、以前コンドミニアムであったことから簡単なキッチンやシンク、大きめの冷蔵庫が備わったお部屋も魅力。小さなお子様ずれのお母様はミルクや離乳食の準備が出来たり、タイならではの新鮮なフルーツを市場で購入しお部屋で召し上がることも容易です。

デラックスルームはいわゆるスタジオタイプであり、ドアを抜けると右側に簡易キッチン、左側にはバスタブ&シャワーブースが分かれたバスルームがあり、その先がベッドという一般的なレイアウトです。デラックスルームは40㎡の広さであり、同価格のホテルは25~30㎡程度の広さのため、かなり余裕がある広さです。そのため1室で大人2名、お子様2名が余裕を持って宿泊できる広さとなっております。

ザ・チャームリゾートのファミリープロモーション<br/>( 追加料金なしで1室大人2名・子供2名宿泊可)<br/> 2018年04月01日~10月31日まで

ローシーズンプロモーション&ファミリープロモーション

追加料金なしで
1室・大人2名&お子様2名(12最未満)の宿泊が可能!!

2018年04月01日~10月31日までの宿泊

Deluxe (40-45㎡)    2,000バーツ/泊
*料金には大人2名,お子様2名(12最未満)の朝食が含まれます。
*エキストラベッドは含まれません。

*上記以上のお部屋もディスカウント価格にてご紹介しておりますので詳しくは以下リンク先をご参照ください。

4月以降パトンビーチにて1室大人2名、お子様2名が宿泊でき、格安ホテルをお探しのお客様にお勧めです。

ザ チャーム リゾート プーケットの詳細はこちらより

 

お問い合わせやお申し込みはお気軽にご連絡ください。

プーケット旅行センター

Share Button

2018年07月17日のパトンビーチ・ロイヤルパラダイス前17:45頃の風景

2018年07月17日のパトンビーチ・ロイヤルパラダイス前17:45頃の風景
2018年07月17日のパトンビーチ・ロイヤルパラダイス前17:45頃の風景

2018年07月17日のパトンビーチ・ロイヤルパラダイス前17:45頃の風景です。朝方は晴れていたのですが、徐々に雲行きが悪くなり昼頃から雨模様です。

プーケット旅行センター

Share Button

Chillva Market (チルバ マーケット)の古着の露店 (月曜日&火曜日) /プーケットタウンのローカルマーケット

こんにちわ
プーケット旅行センターです

今回はプーケットタウンにローカルマーケット・Chillva Market (チルバ マーケット) 内にて月曜日&火曜日に開催される古着の露店を紹介します。

Chillva Market (チルバ マーケット)の古着の露店 (月曜日&火曜日) /プーケットタウンのローカルマーケット
Chillva Market (チルバ マーケット)の古着の露店 (月曜日&火曜日) /プーケットタウンのローカルマーケット

Chillva Market (チルバ マーケット) はプーケットタウンの大型ショッピングセンター・Lotusより600m・徒歩にて10分程度でアクセスできるローカルマーケットであり、若者向けの洋服やアクセサリー、ネイルグッズ、ピザやチーズトースト、クレープなどの若者向けの露天が多いのが特徴です。ここChillva Market (チルバ マーケット) は月曜日、火曜日のみ写真のような古着市が開かれます。いろいろと散策するとTシャツが40バーツ(約140円)、バッグが80バーツ (約280円)とかなり安い値段で販売されております。中には漢字のロゴが入ったシャツも見かけますが、先日ニュースで報道されてましたが、日本から大量の古着を格安で仕入れてタイ・プーケットで販売している模様です。そのため、胸元に大きく○○高校とか、背中のタグにマジックペンで日本人の名前が書かれた物があるかもしれません。その様なことを考えながら古着を探してみるのも面白いですね。

Chillva Market (チルバ マーケット)
営業時間 17:00頃-23:00頃 ( 月曜日~土曜日開催 / 日曜日は休み)
*月曜日-火曜日は古着や中古品のマーケット

*水曜日-土曜日はフリーマーケット。
(食事の露店は開催期間は曜日の関係なく出店しています。)

タイ・ローカルならではの雰囲気でショッピングを楽しみたい方は、Chillva Market (チルバ マーケット)ぜひ立ち寄ってみてください。

 

プーケット旅行センター

Share Button

カフェ・デル・マー ( Cafe Del Mar ) / パトンビーチのレストラン

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回はパトンビーチのレストラン カフェ・デル・マー ( Cafe Del Mar ) / パトンビーチのレストランを紹介します。

カフェ・デル・マー ( Cafe Del Mar ) / パトンビーチのレストラン
カフェ・デル・マー ( Cafe Del Mar ) / パトンビーチのレストラン

カフェ・デル・マー ( Cafe Del Mar ) はパトンビーチのサークル付近にあるカジュアルなレストランであり、タイ料理やパスタやハンバーガーなどの軽食、そしてビールやカクテルなどのアルコールも楽しめます。

店内はクーラー設備のない開放感のあるオープンエアスタイル。リゾートらしいブルーとホワイトを基調とした店内のデザインはビーチ沿いのレストランというイメージがぴったりです。さて、このレストランの特徴はなんと言ってもパトンビーチのそばという事。道路を挟んで向いに青々としたビーチが広がっており、ビーチを眺めながらの南国のリゾートならではの食事が楽しめます。今回私が注文した物はマッサマンカレー(牛肉入り) 180バーツ 、ライス -30バーツ 、レモンジュース -120バーツの3点。カフェ・デル・マー ( Cafe Del Mar ) のロケーションはパトンビーチの北端側にあるためツーリストがあまり集まらない場所です。そのためガヤガヤとした中心街とは異なる、のんびりとした空間が楽しめるでしょう。

カフェ・デル・マー ( Cafe Del Mar )  は良く皆さまが写真を撮影される『PATONG BEACH』の大看板 より徒歩すぐのロケーションのため、インスタ用の写真を撮影された後や、ビーチでの滞在に疲れた際の休憩先として利用されてみてはいかがでしょうか?

カフェ・デル・マー ( Cafe Del Mar ) / パトンビーチのレストラン
ビール 100バーツ~ / 食事 180バーツ~
営業時間  11:00~23:00

プーケット旅行センター

Share Button

2018年07月14日のパトンビーチ・13:45頃の風景


2018年07月14日のパトンビーチ・13:45頃の風景です。本日はビーチにそよぐ風が強く、波飛沫が発っていました。カマラビーチのほうではこのような強い波の中でサーフィンを楽しむ人たちを見かけました。

プーケット旅行センター

Share Button

バンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回はパトンビーチの中心から約28キロ離れた場所・カオプラテーオ自然保護区内にあるバンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )をご紹介します。

バンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )
バンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )

ここは大きく分けると高さ1(レベル1),高さ2(レベル2),高さ3(レベル3)と3段階の高さに分かれております。

レベル1
ここは国立公園のため、ガードマン常駐のエントランスがあります。こちらにて看板の国立公園入園料を支払い中へ入ります。国立公園施設の手前に駐車場エリアがあり、ここを入り口を抜けるとトイレ&休憩所(ミニマートあり)、The Gibbon Rehabilitation Project(手長猿の保護施設)があります。引き続き先を進むとバンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )のスタート地点があります。

なお、エントランスのチケットカウンターにてチケットを入園料を支払った際には以下の動物が描かれたチケットを渡してくれます。それぞれリアルな動物が描かれており、これらはバンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall ) 入園の思い出の品になるでしょう。

 

レベル2
レベル1の先を進むと、樹木が密集している森のエリアとなり、多少日差しが強くともこの木々のお陰で日差しを避ける事ができる涼しい場所になります。足元は砂利歩道がづいており、途中から石段に変ります。耳を澄ますと滝の流れる音が心地よく響きます。

 

レベル3
レベル2をさらに進むと悪い岩場が続きます。足場は滑りやすい状況となるため、シューズはトレッキングシューズやトレイルシューズなどを履いて向かうことをお勧めします。(岩場はコケが生えているため、滑りやすくなっているので、足元をよく注意して登りましょう) 先へすすむと徐々に滝のような雰囲気になり、目の前には人が水浴びを出来るサイズの滝つぼが広がります。

 

バンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )は以前に紹介したトンサイの滝 ( Ton Sai  Waterfall )カトゥの滝と比べると滝までの距離が短く、レベル1からレベル3まで徒歩10分程度で向う事ができるため、手軽に自然を満喫したい方にお勧めです。また周辺には沢山の木々が茂っているため、マイナスイオンを感じながらのんびりと過ごすことができる自然公園というイメージです。

ここへ向かうにはレンタルバイクですとかなり距離があるため、レンタルカーを借りて向かわれることをお勧めします。もしくは弊社がご案内をしている運転手つきカーレンタルでのご案内となります。なお、バンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )へ向う際は足元が悪いためトレッキングシューズやトレイルシューズ&運動できる格好がよいでしょう。プーケットにてちょっと変わった観光を楽しみたいお客様にお勧めの観光スポットです。

プーケット旅行センター

Share Button