バンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回はパトンビーチの中心から約28キロ離れた場所・カオプラテーオ自然保護区内にあるバンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )をご紹介します。

バンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )
バンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )

ここは大きく分けると高さ1(レベル1),高さ2(レベル2),高さ3(レベル3)と3段階の高さに分かれております。

レベル1
ここは国立公園のため、ガードマン常駐のエントランスがあります。こちらにて看板の国立公園入園料を支払い中へ入ります。国立公園施設の手前に駐車場エリアがあり、ここを入り口を抜けるとトイレ&休憩所(ミニマートあり)、The Gibbon Rehabilitation Project(手長猿の保護施設)があります。引き続き先を進むとバンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )のスタート地点があります。

なお、エントランスのチケットカウンターにてチケットを入園料を支払った際には以下の動物が描かれたチケットを渡してくれます。それぞれリアルな動物が描かれており、これらはバンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall ) 入園の思い出の品になるでしょう。

 

レベル2
レベル1の先を進むと、樹木が密集している森のエリアとなり、多少日差しが強くともこの木々のお陰で日差しを避ける事ができる涼しい場所になります。足元は砂利歩道がづいており、途中から石段に変ります。耳を澄ますと滝の流れる音が心地よく響きます。

 

レベル3
レベル2をさらに進むと悪い岩場が続きます。足場は滑りやすい状況となるため、シューズはトレッキングシューズやトレイルシューズなどを履いて向かうことをお勧めします。(岩場はコケが生えているため、滑りやすくなっているので、足元をよく注意して登りましょう) 先へすすむと徐々に滝のような雰囲気になり、目の前には人が水浴びを出来るサイズの滝つぼが広がります。

 

バンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )は以前に紹介したトンサイの滝 ( Ton Sai  Waterfall )カトゥの滝と比べると滝までの距離が短く、レベル1からレベル3まで徒歩10分程度で向う事ができるため、手軽に自然を満喫したい方にお勧めです。また周辺には沢山の木々が茂っているため、マイナスイオンを感じながらのんびりと過ごすことができる自然公園というイメージです。

ここへ向かうにはレンタルバイクですとかなり距離があるため、レンタルカーを借りて向かわれることをお勧めします。もしくは弊社がご案内をしている運転手つきカーレンタルでのご案内となります。なお、バンペーの滝 ( Bang Pae Waterfall )へ向う際は足元が悪いためトレッキングシューズやトレイルシューズ&運動できる格好がよいでしょう。プーケットにてちょっと変わった観光を楽しみたいお客様にお勧めの観光スポットです。

プーケット旅行センター

Share Button