プーケット エレファント サンクチュアリの紹介

こんにちわ
プーケット旅行センターです

今回はエレファントケアツアー・プーケット エレファント サンクチュアリ(午後)のツアー内容を紹介します。

プーケット エレファント サンクチュアリの紹介 ( Phuket Elephant Sanctuary )

 

1.お迎え&キャンプ場へ
12:45頃・パトンビーチのホテルをプーケット エレファント サンクチュアリの混乗バスへ乗車し、おおよそ45程度移動したのちキャンプ場へ到着します。
キャンプ場のカウンターにて自身のグループ用のステッカーをスタッフより渡されます。(この日は30名程度の参加であり、4グループの案内でした。) また、ここで自身が履いている靴をサファリ場提供のゴム長靴へ履き替えて、荷台に座席を設置したトラックにて別棟にある場所へ向います。
ここではエレファントサンクチュアリ内のルールをビデオにて説明します。(サファリ場内の喫煙場所、キャンプ内の象への接し方、キャンプ内のエリアの説明など。) なお、ここでのお菓子やジュースなどは無料提供です。

 

2.スイミングプールでの象の歩行訓練の見学
キャンプ場内のビデオによる説明を受けたあと、徒歩にて近くの象専用のスイミングプールへ向います。ここでは体重のある彼らのひざや各関節に負担をかけずに歩行訓練を行うための場所であり、気持ちよさそうに泳ぎながら歩行訓練をしている彼らの姿を鑑賞します。

 

3.象たちがプーケットエレファントサンクチュアリへ迎えられた経路の説明
その後、キャンプ内の別の場所へ移動し、象がどのような経路でこのキャンプ場・プーケット エレファント サンクチュアリへ迎えられたかの説明を受けます。
象たちは森林伐採の木材の運搬業や、サファリ場にて背中にツーリストたちの乗せてトレッキングを長い間行っており、疲れ果てた彼らをキャンプ場の創始者である、Mr.Montreeが象のオーナーと交渉&購入して、プーケット エレファント サンクチュアリへ迎えられています。

 

4.ジャングル内の池での象の歩行訓練の見学
その後カートへ乗車し、ジャングルへ移動します。ここでは自然の池にて象が泳いだり、歩行訓練の姿を鑑賞します。頭まで浸かって気持ちよく泳ぐ、象の姿は何処かしら癒しを感じる事ができるでしょう。

 

5.象へのえさやり
その後カートへ乗車し、キャンプ場へ戻ります。ここではガイドから手渡されたフルーツ(スイカやバナナなど)を直接、象へ渡す事ができます。象へフルーツを与えた後、象の長い鼻と握手ができるかもしれません。

 

6.ビュッフェスタイルの食事(ベジタリアン)
キャンプ場のレストランにてビュッフェスタイルの夕食が楽しめます。ここで提供される食事は肉、魚は一切無いベジタリアンスタイルです。各ステンレス製のトレー前には英語ですが料理名が記載してあります。各自、好きな量をお皿に盛り付けて食事を楽しみましょう。

 

7.サファリ場出発・ホテルへ
キャンプ場前には、象の家 ( 象1頭につき1つの家が用意されております。)があり、ここで象へさよならをして帰路へつきます。ここの象の家は俗に言う金網で仕切られた檻ではなく、コンクリート製の太い円柱を境としている物。たぶんこれは檻が壊れると、鋭利な金網がむき出しになり、象の皮膚を傷めないようにした物だと思われます。

キャンプ場を17:00頃に出発し、45分程度経過したのちパトンビーチへ戻る事ができました。

 

これらツアーの流れを見て頂いて、お分かりかと思いますが、エレファントケアーツアーである、プーケット エレファント サンクチュアリは人間の強制によるトレッキングやショーなどは一切無く、基本的に象を眺めて彼らの仕草や動きを鑑賞する物であり、象へはガイドからの許可を得ないと触れる事ができません。色々と考えさせられるツアーだと思いますが、象たちの仕草を眺めているとなぜか心が癒されるような気分になるツアーでもあります。

プーケット エレファント サンクチュアリの詳細はこちらより

プーケット旅行センター

Share Button