レモング ラスハウス ( アロマグッズショップ )・プーケットタウン店

こんにちわ

プーケット旅行センターです。

今回はアロマグッズを豊富に取り扱っているレモングラスハウス・プーケットタウン店を紹介します。

レモング ラスハウス ( アロマグッズショップ )・プーケットタウン店
レモング ラスハウス ( アロマグッズショップ )・プーケットタウン店

レモングラスハウスはプーケット島内に4支店(チャンタレイ、スリン、カロン、プーケットタウン)、バンコクに1支店あるアロマグッズを取り扱っているお店です。全て手作りのオリジナルプロダクトであり、1996年よりバンコクのチャトチャックマーケットからスタートして、現在に至ります。どれもお手軽な料金で購入できるため、プーケットの地元の人はもちろん、世界各国の旅行者も愛用しているプロダクトです。

プーケットタウン支店はチャンタレイにある本店と比べると品揃えは劣りますが、オールドタウンの中心であるタラン通り(Talan Rd)から徒歩数分のヤワラート通り( Yaowarat Rd) にあるため、気軽にレモングラスハウスのアロマプロダクトを容易に購入することが可能になりました。

オールドタウンにてたっぷりと自由散策を楽しまれた後に、立ち寄ってみては如何でしょうか?

Lemongrass House Phuket Town
営業時間 10:30-22:30

レモングラスハウスのオフィシャルサイト/

プーケット旅行センター

Share Button

プーケット島・プーケット国際空港・国内線ターミナルの稼動風景 ( 2019年05月21 日・11:30頃 )

こんにちわ
プーケット旅行センターです

今回はプーケット国際空港・国内線ターミナルの稼動風景 ( 2019年05月21 日・11:30頃)を紹介します。

プーケット島・プーケット国際空港・国内線ターミナルの稼動風景 ( 2019年05月21 日・11:30頃 )
プーケット島・プーケット国際空港・国内線ターミナルの稼動風景 ( 2019年05月21 日・11:30頃 )

2019年05月21日現在、建物を見渡すと大きな変化はありませんが、各航空会社のカウンターを右に向かうと荷物検査を終えて出発ゲートへと向うのですが、以前は右奥正面が入口となっておりましたが、現在は右奥左手に写真の様な入口が設置されております。

プーケット国際空港・国内線ターミナルは3階建てであり、1 階は到着階、2階が出発階、3階はエアラインの事務所&レストラン街となっています。尚、各階の詳細は以下のとおりです。

  • 1階 — 到着階・荷物の受け取りレーン
    ( 建物内・荷物受け取り後・建物内に銀行の換金所やSIMカード販売所、有料にて荷物預け場所あり )
    1番ゲート ( 国内線はここがミーティング場所です。 ) / 2番ゲート ( 外から建物内に入る為の入り口 )
  • 2階 — 出発階・( 正面左側がタイ航空、右側がAIR ASIAなどの搭乗LCCカウンターです。)
    建物内にはジムトンプソンなどの土産物やあり
  • 3階 — レストラン(バーガーキング、SUBWAYなど)&エアラインの事務所

 

2階階(出発階)
11:30頃は国内線の出発便が少ないようであり、カウンターにて並ぶ人はほとんど見られませんでした。

 

3階階(レストラン&エアラインの事務所)

 

プーケット国際空港のオフィシャルページ

プーケット国際空港

 

プーケット旅行センター

Share Button

ザ・チャームリゾートの2019年06月30日までのプロモーション1900バーツ/泊

こんにちわ
プーケット旅行センターです。

今回はザ チャーム リゾート プーケットのプロモーションをお知らせします。

ザ・チャームリゾートの2019年06月30日までのプロモーション<font color="#ff0000"><b>1900バーツ/泊</b></font>
ザ・チャームリゾートの2019年06月30日までのプロモーション1900バーツ/泊

ザ チャーム リゾート プーケットはパトンビーチの北側に位置しており、ビーチアクセスは至近の好ロケーションのホテルです。ここは以前コンドミニアムであったことから簡単なキッチンやシンク、大きめの冷蔵庫が備わったお部屋も魅力。小さなお子様ずれのお母様はミルクや離乳食の準備が出来たり、タイならではの新鮮なフルーツを市場で購入しお部屋で召し上がることも容易です。

2019年06月30日までの宿泊
Deluxe (40-45㎡)         1,900バーツ/泊
Deluxe Pool Access(40-45㎡)   2,400バーツ/泊
料金には大人2名の朝食が含まれます。
上記以上のお部屋もディスカウント価格にてご紹介しておりますので詳しくは以下リンク先をご参照ください。

ザ チャーム リゾート プーケットの詳細はこちらより

ザ・チャームリゾートプーケット

2019年06月30日までの限定プロモーションですが、この時期にプーケット旅行をお考えのお客様はぜひご検討ください。

お問い合わせやお申し込みはお気軽にご連絡ください。

プーケット旅行センター

Share Button

2019年05月19日のプーケット島・パトンビーチ・17:30頃の風景。

2019年05月19日のプーケット島・パトンビーチ・17:30頃の風景。
2019年05月19日のプーケット島・パトンビーチ・17:30頃の風景。

2019年05月19日のプーケット島・パトンビーチ・17:30頃の風景です。

空全体に雲が広がっているような状況ですが、雲の先にはサンセットがうっすらとみることが出来ます。乾季と同じというわけではありませんが、まだまだサンセットは楽しめそうです。

プーケット旅行センター

Share Button

2019年05月18日、05月20日は酒販売禁止です。

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回はタイの禁酒日についてお知らせします。

2019年05月18日、05月20日は酒販売禁止です。
2019年05月18日、05月20日は酒販売禁止です。

本日・2019年05月18日、および明後日の05月20日はタイ全土の選挙により、プーケットを含めたタイ全土にて酒販売禁止であり、セブンイレブンやスーパーマーケットはもちろんのこと、レストランやパブなどでも同様に販売禁止となります。そのため、ビヤバーやパブなどは営業しないと思われます。

以上、ご注意ください。

プーケット旅行センター

Share Button

タイ国際航空 TGメガディール アーリーサマー運賃 23,000円 ( 便限定! 期間限定! バンコク往復! )

こんにちわ
プーケット旅行センターです。

タイ国際航空より期間限定にて、お得な航空券が発売されておりますのでご紹介します。

2019年即日から2019年06月15日・23:59時までの販売期間で、2019年07月10日までの出発に適用可能なプロモーションです。バンコク行き往復航空券 ( 成田発着、名古屋発着、大阪発着、福岡発着の利用限定) が23,000円にて購入可能とのことです。(燃油サーチャージ、空港使用税などの諸税は必要です。)

適用条件
販売期間 2019年即日から6月15日まで
対象期間 2019年5月19日から2019年7月10日までの出発に適用する。
その他
注意事項
・座席数限定の運賃(販売座席数は、ご予約頂く出発日や便により異なります)
・設定がない出発日あり。(Royal e-Booking で検索ください)
・Royal e-Bookingでの検索結果はその時点でご利用頂ける日程、便のみ表示されます。
検索結果に本運賃の金額が表示されない場合は、この運賃用の座席がすでにない状態、
設定がない出発日、または販売期間外です。
予めご了承ください。
・事前座席指定はできません。当日空港チェックインで承ります。
・払い戻しは不可
・ロイヤル・オーキッド・プラスの積算不可
・空港スタンバイおよびマイレージを使用のアップグレード適用不可
・受託手荷物許容量は20kg
運賃
出発日 エコノミークラス
往路: 成田発TG643便/TG677便、名古屋発TG647便、大阪発 TG673便、福岡発TG649便 利用限定
復路: 成田着TG640便/TG676便、名古屋着TG644便/TG646便、大阪着 TG622便/TG672便、福岡着TG648便 利用限定
予約
クラス
フェアベーシス バンコク行
’19 5/19~’19 7/10 L LNLPJPF 23,000

※上記でご案内している運賃の他に、各国政府・空港によって課せられた税金・空港使用料等を航空券発券の際に徴収させていただいております。

<注意> 小幼児のお客様がこの運賃をご購入の際、大人運賃となるため、空港使用料等 は大人料金が適用となります。
小幼児料金が適用された航空券をお持ちのお客様には、当日各空港チェックインカウンターで大人料金を徴収させていただきます。予めご了承ください。

詳しくはタイ国際航空のプロモーションページクリックしてご確認ください。


上記プロモーションは日本からバンコクの往復チケットの為、バンコクからプーケットへの航空券が必要となりますが、いずれにせよかなりお得にプーケットの滞在が楽しめます。

この期間にプーケット旅行をお考えのお客様は利用されてみては如何でしょうか?

プーケット旅行センター

Share Button

2019年05月15日のプーケット島・パトンビーチ・15:30頃の風景。

2019年05月15日のプーケット島・パトンビーチ・15:30頃の風景。
2019年05月15日のプーケット島・パトンビーチ・15:30頃の風景。

2019年05月15日のプーケット島・パトンビーチ・15:30頃の風景です。

本日は時折空に雲が掛かり、スコールが降るかな?と思われる状況にもなりましたが、結局一日中良い天気でした。また、現在のパトンビーチはこの時間になると引き潮となり、波も穏やかであったため、水遊びを楽しむ人たちをビーチで見かけました。

プーケット旅行センター

Share Button

2019年05月13日のプーケット島・パトンビーチ・21:45頃の風景

2019年05月13日のプーケット島・パトンビーチ・21:45頃の風景
2019年05月13日のプーケット島・パトンビーチ・21:45頃の風景

2019年05月13日のプーケット島・パトンビーチ・21:45頃の風景です。

日中は人で集まるインスタ映えスポットのPATONG BEACHの文字前は、この次回は人通りが少ないため、写真撮影には意外とおすすめかもしれません。

プーケット旅行センター

Share Button

2019年05月12日のプーケット島・パトンビーチ・バングラ通り 21:00頃の風景

2019年05月12日のプーケット島・パトンビーチ・バングラ通り 21:00頃の風景
2019年05月12日のプーケット島・パトンビーチ・バングラ通り 21:00頃の風景

2019年05月12日のプーケット島・パトンビーチ・バングラ通り 21:00頃の風景です。

5月も中旬が近くなり天候やパトンビーチの波の状況を見ると、ローシーズンに入ったなという印象を受けますが、パトンビーチ・バングラ通りは相変わらずの賑わいです。

プーケット旅行センター

Share Button

2019年05月09日のプーケット島・プーケットタウン・パンガー通り・15:15頃の風景。

2019年05月09日のプーケット島・プーケットタウン・パンガー通り・15:15頃の風景。
2019年05月09日のプーケット島・プーケットタウン・パンガー通り・15:15頃の風景。

2019年05月09日のプーケット島・プーケットタウン・パンガー通り・15:15頃の風景です。

THE MEMORY AT ON ON HOTELから臨む、KASIKORN BANKの建物です。この建物はマレーシアのペナン島やシンガポールの古い町並みのでよく見かけるシノ・ポルトギースの建築様式(中国&ポルトガル様式)のもの。タラン通りのタウンハウスのものと比べると、かなり凝った造りの建築物です。

これはオールドタウンへ足を運んだ際は、ぜひとも見て頂きたい建物の一つです。

プーケット旅行センター

Share Button