2019年02月13日のカリムビーチ サンセットタイム 18:15頃の風景

Share Button

プーケットタウンの中国正月を祝う風景 ( 20Th Phuket Chinesee New Year Day and Old Phuket Town Festival )

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回は20Th Phuket Chinese New Year Day and Old Phuket Town Festivalの風景をお伝えします。

プーケットタウンの中国正月を祝う風景 ( 20Th Phuket Chinese New Year Day and Old Phuket Town Festival )
プーケットタウンの中国正月を祝う風景 ( 20Th Phuket Chinese New Year Day and Old Phuket Town Festival )

2019年02月10日~02月12日までプーケットタウン・オールドタウンにて20Th Phuket Chinesee New Year Day and Old Phuket Town Festivalが開催しております。

期間中は通常ののどかなオールドタウンとは異なり、15:00頃から23:00まで写真の様な露店が町中に並び、プーケットのローカルフードが存分に楽しめます。また、各所ではいろいろな催し物が開催されているので、プーケットタウンへ酔った際は、ぜひ足を運んでみてください。

20Th Phuket Chinese New Year Day and Old Phuket Town Festival
2019年02月10日~02月12日まで

オフィシャルフェイスブック 

プーケット旅行センター

Share Button

2019年02月10日のパトンビーチ・13:15頃の風景

2019年02月10日のパトンビーチ・13:15頃の風景
2019年02月10日のパトンビーチ・13:15頃の風景

2019年02月10日のパトンビーチ・13:15頃の風景です。

パトンビーチの南端は写真の様なロングテールボートが停泊しており、人が集まりやすい中心とはまた違った風景が楽しめます。

プーケット旅行センター

Share Button

カリムビーチ・南端 ( The Residence Kalim Bay付近)

こんにちわ プーケット旅行センターです。 今回はカリムビーチ・南端 ( The Residence Kalim Bay付近) を紹介します。

カリムビーチ・南端 ( The Residence Kalim Bay付近)

以前、ゆっくりとくつろぐことが出来る小さなビーチ・パトンビーチ・北端 ( Novotel Phuket Resort前) を紹介しました。

今回ご紹介するカリムビーチ・カリムビーチ・南端 ( The Residence Kalim Bay付近)も前回ご紹介した場所と同様に、人影も少ないお勧めのビーチスポットです。

ここは日本人に人気のホテル・ダイヤモンドクリフリゾートから徒歩にて約5分程度の距離にあり、右手にThe Residence Kalim Bayというコンドミニアムが見えてきたら、その向いがそのビーチです。長さは約50メートル程度ですが、パトンビーチの中心の様な賑わいではなく、人もまばら。前回ご紹介したパトンビーチ・北端(Novotel Phuket Resort前)と比べると、ごつごつした岩はそれほど目立たず、ホワイトサンドのコンパクトなビーチです。

すぐそばにはレストランやマッサージ店もあり、さらに北へ向かうと以前ご紹介したカリムビーチのムスリム屋台街 もすぐそばにあります。

ここは17:30~18:00頃にビーチでのんびりとサンセットなどを楽しむなどにもお勧めですね。付近のホテルに宿泊の際は、散歩がてら足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

カリムビーチ・南端 ( The Residence Kalim Bay付近)

プーケット旅行センター

Share Button

2019年02月02日のパトンビーチ・バングラ通り21:45頃の風景

2019年02月02日のパトンビーチ・バングラ通り21:45頃の風景です。中国正月が近いため、バングラ通りも中国からのツーリストでにぎわっています。

プーケット旅行センター

Share Button