プーケット国際空港・新ターミナル

こんにちわ
プーケット旅行センターです

今回はプーケット国際空港の新ターミナルの詳細をお知らせします。

 

プーケット国際空港・新ターミナルは4階建てであり、1 階&2階は到着階。3階&4階は出発階であり、各階の詳細は以下のとおりです。

  • 1階 — 到着階・荷物の受け取りレーン&ミーティングポイント ( 銀行の換金所あり・24時間)
  • 2階 — 到着階・入国審査のカウンター
  • 3階 — 出発階・出国審査のカウンター・免税店が並ぶ( 銀行の換金所あり・24時間)
  • 4階 — 出発階・レストランやセブンイレブンなどのショップが並ぶ

現在の主国審査、入国審査のカウンターは数が多くありませんが、新しい空港についてはそれぞれ17のカウンターがあり、すべてのカウンターが稼動すれば空港にて入国審査および出国審査のために時間を要することは解消されるでしょう。新しい空港のため、出国および入国審査のカウンターはバンコクのスワンナプーム空港のように見受けられます。4階にはバーガーキングやセブンイレブンなどの飲食店がならび、これらは利用しやすいレイアウトと見受けられます。また、1階のガイドや運転手などがお迎えする場所は、ミーティングポイントなるものが設けられており、現在のようなお迎えの際の混雑は解消されると思われます。

 

4階&3階の出発階

 

3階&2階の到着階

尚、オフィシャルな開業は09月15日であり、09月08日から09月15日まで徐々に現在の空港から移行し、新ターミナルは国際線の発着専用(バンコクにて国内線乗り換えも含む。)、旧ターミナルは国内線の発着専用となる模様。旧ターミナルは新ターミナルが開業後、国内線発着専用の営業を続けながらリノベーションを行うとのことです。

同日にバンコク経由でプーケットへ移動されるお客様は国際線扱いとなります。現在の国際線到着ゲート、国内線到着ゲートは隣同士のため、お客様から弊社への国際線・国内線のインフォメーションを間違えた場合でも対応可能ですが、9月15日以降は国際線到着ゲートである新ターミナル、国内線到着ゲートである旧ターミナルの建物は距離があるため、お客様から弊社への国際線・国内線のインフォメーションを間違えた場合は対応できないと予想されます。そのため、弊社の空港送迎をお申し込みの際は、お間違えの無い様にお願いします。(弊社ホームページにて後日お迎え場所のマップをアップします。)

 

プーケット国際空港のオフィシャルページ

 

プーケット旅行センター

Share Button