ビッグブッダ・プーケット( Big Buddha Phuket)  

カタビーチの後方にある標高300メートルを超えるKhao Toot ( 山 ) から、プーケットの全てを見守っているような様相のビッグブッダ・プーケット( Big Buddha Phuket  / 正式名称- Phra Puttamingmongkol Akenakkiri Buddha)は、2004年のスマトラ沖地震による津波の後、希望のシンボルとして建造が始まり、この費用はすべて人々たちの寄付(タイ語-タンブン)によって賄われています。タイ人だけではなく、観光客でも寄付は受け付けており、1片300バーツ程度の大理石の板の裏へ願いを書いて渡すというもの。尚、すべて寄付による建造のため、2018年現在も未完成であり、引き続き工事が行われております。

また、ビッグブッダは座位の大きな仏像は高さ45m、幅は25mもあり、鎌倉大仏の高さ13.35mを考えるとビッグブッダは約3.5倍以上のサイズもあり、凄い大きさだという事がわかります。

プーケットは常夏のため多くの方は軽装かと思いますが、女性の方はノースリーブやキャミソール、短パンなどの肌を露出した服装での拝観は禁止されております。入り口で巻きスカートやシャツなどを貸してくれますが、事前に肌の露出の少ない服装での拝観が良いでしょう。

 

標高300メートルを超えるKhao Toot ( 山 ) の周辺にはビッグブッダ以外の高い物はなく、天気の良いときはカタビーチのすばらしいパノラマの眺めが楽しめます。また、ビッグブッダのし基地内にはお土産屋やアイスクリームショップなどのお店があり、日陰になるような場所も用意されているため、ちょっとした涼をとることも可能です。

人気の観光スポット・ビッグブッダ プーケットは、弊社にてご案内をしている運転手つきカーレンタルのコースの1つとして追加されてみては如何でしょうか?

ビッグブッダのホームページ  http://www.mingmongkolphuket.com

プーケット旅行センター

Share Button