ソンテウ(乗り合いバス)の乗り方

こんにちわ

今回はプーケットタウンから出発しているローカルバス・ソンテウ(乗り合いバス)の乗り方を説明します。

プーケットタウン・Ranong通りは常時地元の人たちで賑わうダォターオ市場 があります。この通りを徘徊すると、写真のような数台のバスが駐車しているのが目に留まります。これがプーケットタウン発のパトンビーチやカロンビーチなどの各方面へ向うローカルバス・ソンテウの始発場所です。

車の前、もしくは後ろに行き先が書いてあり、パトン方面であればPHUKET TOWN – PATONGと表示されたバスに乗ってください。基本的には30分に一本の割合で出発ですが、日本のような時刻表での管理ではなく、ある程度人が集まったら出発するのであせらずのんびりと待ちましょう。

出発すると、写真のようなおばさんが乗車代・30バーツを集金します。1000バーツを出すとお釣りがないため、事前に細かいお金を用意すると良いでしょう。

日本のような停留所はないため、降りたい場所の近くで運転手や写真のおばさんに合図で伝えるバスは止まります。通常、トゥクトゥクを使うと30分程度の距離ですが、今回は50分ほどでパトンビーチに到着しました。

ローカルな雰囲気を味わえるこのソンテウ。のんびりと移動するにはお勧めの移動手段です。

運行時間
プーケットタウン – パトンビーチ 07:00-17:00 (30分間隔)  乗車賃 30バーツ/名
始発場所

 

パトンビーチ – プーケットタウン 08:00-17:00 (30分間隔)  乗車賃 30バーツ/名
始発場所

 

プーケット旅行センター

Share Button