サイモンスターショー鑑賞の流れ ( パトンビーチのホテルお迎え) 

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回はサイモンスターショーをご予約頂いた際のショー鑑賞の流れについてご説明します。

サイモンスターショー鑑賞の流れ ( パトンビーチのホテルお迎え)

 

サイモンスターショーはプーケットタウンの外れにあるキャバレーショーであり、毎日3回のショー( 17:30 , 19:00 , 20:30 ) が行われております。尚、プーケットを古くからご存知の方はタイヴィレッジがあった場所といった方が分かり易いかもしれません。姉妹キャバレーショーである繁華街のパトンビーチにあるサイモンキャバレーと比べると立地条件が悪いため、参加されるお客様の層は中国、ロシア、韓国からの団体客が多く見られました。

お迎え&お送りホテル – THE ROYAL PARADISE HOTEL & SPA ( パトンビーチ )
ショー開演時間    –  19:00

 

【お迎え&サイモンスターショーへの移動】
ホテルのロビーにて待機しているとサイモンスターショー手配の運転手がお迎えに伺います。お迎えの際は運転手が予約内容を確認するため、弊社が事前にお渡ししたバウチャー(予約確認書)を必ずお手元にご用意ください。サイモンスターショー指定のお迎え時間は17:20であり、数分の待機時間はありましたがほぼ、この時間にお迎えに来てくれました。
その後、サイモンスターショーへ向い、到着したのが18:12頃でした。( お迎えは周辺の各ホテルを回る事や道路の込み具合により、指定の時間より20分程度遅れる可能性がございます。)

 

【サイモンスターショー到着。チケットの受け渡しなど】
サイモンスターショーに到着後、往復送迎もしくは復路のみのお客さまへ、サイモンスターショーのスタッフが帰りの車番号のステッカーを渡してくれます。これを胸の上部などのわかりやすい場所へ張っておくと、運転手が容易に見つけてくれます。(なくさぬようお気をつけください。心配な方はスマホで写真を撮っておくとよいでしょう。)
逆にこのステッカーを渡されなかった場合は、サイモンスターショー側の手違いもあるので、サイモンスターショーのスタッフへ確認、もしくは弊社へ連絡をお願いします。建物の正面に目立つようにチケットカウンターがあり、ここで弊社が事前にお渡したバウチャーを提示すると、ピンク色のチケットが渡されます。このチケットには座席番号、ショー時間が記してあります。

【ショー開演までの時間の過ごし方】
チケットカウンター近くにはソフトドリンクやビールなどを販売しているミニマートがありますが、サイモンスターショーの良い点は敷地内にローカルな露店が並びます。ここではフルーツやバーベキュー、ココナッツジュースやとうもろこしなどのローカルな味が楽しめ、付近にはテーブルも用意されております。尚、飲み物やスナックなどは会場には持ち込めないのでお気をつけください。ショー開演の15分前頃にゲートが開くのでスタッフの指示に沿って列に並び、会場へ移動します。その際はチケットに記してある座席番号へ着席してください。( ショーは撮影禁止のため、ショーの写真はございません。)

 

【ショー終了&ホテルへの戻り】
約1時間程度のショーが終わり、スタッフの指示に従って会場の外へ移動すると、先ほどまで舞台で演じていたレディーボーイたちが記念撮影のために並んでおります。(レディーボーイと一緒の記念撮影は100バーツ程度のチップが必要です。) その後、駐車場付近に番号プレートを持った運転手が待機しているので、自身の車番号と同じ運転手を確認し、車へ乗車します。当日の道路の込み具合にもよりますが、今回はサイモンスターショーを出発して50分程度の所要時間でホテルへ戻りました。(21:00頃)

尚、姉妹ショーであるサイモンキャバレーと比べるとショーの内容は殆ど同じでしたが、ダンサーの美しさはサイモンスターの方勝り、逆に踊りやアクションの質はサイモンキャバレーのほうが良かったように感じました。
これは多分、パトンビーチは世界各国のツーリストが集まり、色々なショーを鑑賞した目の肥えたお客様が多いからだと感じます。( 彼らを満足させるにはややオーバーアクション気味の熟練のダンサーの方が受けがいいのでしょう。)

サイモンスターショーへご参加される際は、今回の記事をご参考ください。 ( プライベート送迎の場合はご案内が多少異なりますが、基本的な流れは今回ご案内した流れでのご案内となります。)

料金
おとな 650バーツ
こども 500バーツ
*送迎代は含まれません。各地域の送迎代金は以下です(往復)
パトン地区,カロン地区,カタ地区-200バーツ

サイモンスターショーの詳細はこちらより

 

プーケット旅行センター

Share Button