ラッサダ港( RASSADA PIER ) のレストランおよび施設 / 2018年11月頃の状況

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回は2018年11月頃のラッサダ港( RASSADA PIER ) のレストランおよび施設をお知らせします。

ラッサダ港( RASSADA PIER ) のレストランおよび施設 / 2018年11月頃の状況

ラッサダ港 ( RASSADA PIER )はパトンビーチから車で45分程度(18キロ程度の距離)のプーケットタウン東側 にあり、ピピ島(クラビ)へ向かう多くのフェリー会社やピピ島1日ツアーの催行会社が利用している港です。今回は施設をご案内します。

 

【ゲート2付近その1】
メインエントランスから入るとすぐにゲート2が見えますが、ここ周辺にミルクスタンドのような軽食を購入できるお店が並んでいます。ハンバーガーやホットドック、サンドウィッチ、ケバブなど簡単に食べられる物を販売しており、ここで軽く腹ごなしをする事が出来ます。

 

【ゲート2付近その2】
また、ゲート2付近にはATM機や外貨からタイバーツへの換金所もあります。加えて、港到着後の各方面へご案内するタクシーサービスカウンターも設置しております。

 

【ゲート3付近】
ゲート2を右手に向うとゲート3がありますが、ゲート3そばにも写真のような軽食レストランがあります。ここでソフトドリンクや軽食などを購入する事ができます。

 

【トイレ/ゲート1、ゲート3】
ゲート2を右手に向うとゲート3、ゲート2を左手に向うとゲート1がありますが、ここから建物の外に出ると写真のようなトイレがあります。ここのトイレはタイのローカルエリアでよく見かけるものではなく、一般的な洋式トイレです。尚、タイのローカルなエリアでトイレを利用する際に注意する事は日本のようにトイレットペーパーが用意されていないことです。トイレットペーパーはラッサダ港内の売店で購入されるか、事前にポケットティッシュを鞄に忍ばせておくことをお勧めします。

 

2018年11月現在、この港に発着するフェリーは以下会社です。

Chao Koh Group     ( プーケット発 11:00 / 15:00 )  / 利用ゲート – GATE1 (正面左側)
Andaman Wave Master (プーケット発 08:30 / 11:30 / 13:30 ) / 利用ゲート -GATE3 (正面右側)

弊社にて上記フェリーチケットの手配が可能ですので、ご希望の際はお気軽にお申し付けください。

プーケット旅行センター

Share Button

ラッサダ港 ( RASSADA PIER ) / 2018年11月頃の状況

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回は2018年11月頃のラッサダ港(Rassada Pier )の状況をお知らせします。

ラッサダ港 ( RASSADA PIER ) / 2018年11月頃の状況

ラッサダ港 ( RASSADA PIER )はパトンビーチから車で45分程度(18キロ程度の距離)のプーケットタウン東側 にあり、ピピ島(クラビ)へ向かう多くのフェリー会社やピピ島1日ツアーの催行会社が利用している港です。

 

2年前に本ブログにて紹介したラッサダ港(Rassada Pier )と比べると、ゲート表示や鉄パイプによる仕切りが出来ており、基本的に正面玄関からのアクセスのみとなりました。(以前は鉄パイプによる仕切りなし) また、港の乗降客の把握ということから、フェリー会社にてチケット購入およびチケットバウチャーの引き換えと同時に、写真のようなカードを配布されます。乗船の際はこのカードを必ずゲートの機械へ挿入して下さい。(チケット受け渡しの際に、このカードを渡されなかった場合は、スタッフへ必ずリクエストしてください。)

この港に発着するフェリーは以下会社です。

Chao Koh Group     ( プーケット発 11:00 / 15:00 )  / 利用ゲート – GATE1 (正面左側)
Andaman Wave Master (プーケット発 08:30 / 11:30 / 13:30 ) / 利用ゲート -GATE3 (正面右側)

弊社にて上記フェリーチケットの手配が可能ですので、ご希望の際はお気軽にお申し付けください。

次回はラッサダ港内の施設やお店についてご案内します。

プーケット旅行センター

Share Button

シーエンジェル港を利用するツアーに於いて、港使用代30バーツが掛かる様になりました。

こんにちわ
プーケット旅行センターです

シーエンジェル港を利用するツアーに於いて、港使用代30バーツ/名が掛かるようになりましたのでお知らせします。

尚、シーエンジェル港を利用する該当ツアーは以下でございます。

ピピ島&カイ島ツアー(マヤベイリラクシング)
ピピ島1日周遊観光
ピピ島1日周遊観光 (シルバー席)
ピピ島1日周遊観光 ゴールド席

こちらはツアー代金とは別に30バーツを、シーエンジェル港のスタッフが徴収いたしますのでご用意ください。

以上、ご確認のほどよろしくお願いします。

プーケット旅行センター

Share Button

ピピ島の上陸不可の場所について ( 現在はピピレ島・マヤベイのみです。)

こんにちわ
プーケット旅行センターです
今回はピピ島の上陸不可の場所について改めてお知らせします。

ピピ島は以下6つの島で構成されておりますが、現在のところ環境保護のため立ち入りが禁止されている島はピピレ島のみであり、ピピ・ドン島は上陸不可ではありません。
ピピ・ドン島にあるホテルは通常通り営業をしておりますのでご安心ください。

ピピ・ドン島     (トンサイベイ・船着場があり、多くのホテルが建ち並ぶ)
ピピ・レ島      (無人島・マヤベイやローサマベイ、ピピレ湾などが有名)
ピダノック島    (無人島)
ピダナイ島   (無人島)
モスキート島  (無人島)
バンブー島   (無人島)

以上、ご確認のほどよろしくお願いします。

プーケット旅行センター

Share Button

ピピレ島・マヤベイは天然資源が正常に戻るまで閉鎖となりました。

こんにちわ
プーケット旅行センターです

本日は残念なお知らせです。
タイ国立公園野生動植物保護局( DNP / Department of National Parks )より2018年10月03日より、2018年06月01日から閉鎖が続いていたピピレ島のマヤベイですが、生態系やビーチの物理的構造はまだ完全に回復していないため、天然資源が正常に戻るまで無期限で立ち入り禁止との発表がありました。

DNPのサイトより
http://portal.dnp.go.th/Content?contentId=8436

CNN.CO.JPより参照
観光客激増のタイ「秘境」ビーチ、無期限で立ち入り禁止に

その為、以下ツアーはスケジュールが変更になる事が予想されます。これらツアーのスケジュールが確定しましたら、弊社ブログにてお知らせします。

ピピ島&カイ島ツアー(マヤベイリラクシング)
マヤベイ >> ピレイ湾にてシュノーケリングへ変更 (以前は船上からの観光)

ピピ島&バンブー島ツアー
マヤベイ >> カイ島もしくはランヤイ島へのご案内に変更

ピピ島&バンブー島サンライズツアー
マヤベイ >> クラビのポタ島へのご案内に変更

ピピ島半日観光/午後(マヤベイリラクシング)
マヤベイ >> マヤベイへ上陸をピピドン島・トンサイベイのフリータイムに変更

ピピ島・6アイランド ゴールドツアー
マヤベイ >> マヤベイへ上陸をピピドン島・トンサイベイのフリータイムに変更

ピピ島・4アイランド デラックスツアー
マヤベイ >> マヤベイへ上陸をピピドン島・トンサイベイのフリータイムに変更

以上、ご確認のほどよろしくお願いします。

プーケット旅行センター

Share Button