ラグジュアリーカタマラン船でゆく クラビ&ヤオノイ島ツアー内容の紹介その2

こんにちわ
プーケット旅行センターです。

今回は前回に引き続き、ラグジュアリーカタマラン船でゆく クラビ&ヤオノイ島ツアー内容その2を紹介します。

ラグジュアリーカタマラン船でゆく クラビ&ヤオノイ島ツアー内容の紹介その2
ラグジュアリーカタマラン船でゆく クラビ&ヤオノイ島ツアー内容の紹介その2

クラビ周辺の島々は石灰石なので変わった形状のものが多く、海の中もサンゴ礁はカラフルな熱帯魚が沢山生息しており、雄大な自然の風景が楽しめる場所でもあります。

本ツアーはヤオノイ島&クラビ( ホン島&パックビア島 )をBlu Anda Touのラグジュアリー・カタマランを利用したラグジュアリーなツアーです。カタマランとは2艘の船をつないだ形状であることから揺れに強く、安定性が高いのが特徴であり、Blu Anda Touのカタマランはアルミ製のしっかりとした座席、広々とした甲板、船尾のシャワー、清潔感あふれるトイレなどがあり、ツアーご参加の際は不自由なく過ごせるような配慮がされております。

それでは 前回に引き続きラグジュアリーカタマラン船でゆく クラビ&ヤオノイ島ツアーを順を追って紹介します。

4.パックビア島( PAKBIA ISLAND)の観光。

昼食会場を13:00頃出発し、50分程度経過したのち、パックビア島( PAKBIA ISLAND)に到着します。パックビア島(PAKBIA ISLAND)は2つの島がビーチでつながっているような形状であり、このビーチは100メートルの長さもない小さなも。本ツアーへご参加頂いたお客様だけのプライベートアイランドのような様相が楽しめます。ここではスイミング&リラックスを50分程度楽しめます。

 

5.クラビ・ホン島(HONG ISLAND)の観光

パックビア島( PAKBIA ISLAND)を離れ、60分程度移動するとホン島(HONG ISLAND)へ到着します。ここではシュノーケリングとリラックスタイムが楽しめますが、通常はそれほど深くない場所でもシュノーケリングにてトロピカルな魚を見ることが出来るのですが、この日は残念ながら海の透明度は低く、トロピカルな魚と会うことが出来ませんでした。尚、ここでは売店もある為、ソフトドリンクやスナック菓子などを購入することが出来ます。併せてトイレの設備もあります。尚、ここでは60分程度滞在します。

 

6..港~ホテルへの帰路

パックビア島( PAKBIA ISLAND)での滞在を終え、45分程度のカタマランに乗船して移動したのち、出発港であるAO POR GRAND MARINAに戻ります。 ( 帰港時間は17:00頃 )

途中、カタマランの甲板にて潮風を浴びながらのアンダマン海の風景は、若干安定間のないスピードボートでの移動では味わえません。また、この時間はちょうど小腹が空くので、ちょうど良いタイミングで船内にてソフトドリンクや菓子パンなどの軽食が振舞われます。
出発の準備が出来たら、車へ乗車し、港を出発します。おおよそ1時間かけてパトンビーチへ戻ります。尚、この日のパトンビーチの到着時間は18:00でした。

こちらのツアーは他ツアーと比べると、参加者の年齢層が高く、日本人を含めたアジア人はほとんど見かけませんでした。多分、値段設定が高いので、そのような傾向になると思われます。

ラグジュアリーカタマラン船でゆく クラビ&ヤオノイ島ツアーは、快適な高級感のあるカタマランにて、ヤオノイ島やクラビの観光をのんびりと楽しみたいお客様にお勧めのツアーです。

ラグジュアリーカタマラン船でゆく クラビ&ヤオノイ島ツアーの紹介その1へ


ツアー代金    3400バーツ  ( おとな ) / 3000バーツ ( こども )

*月曜、水曜、金曜、日曜の催行です。
*基本的にプーケット島内がお迎え可能エリアですが、月、水、日はカオラックのホテルもお迎え可能です。

ラグジュアリーカタマラン船でゆく クラビ&ヤオノイ島ツアーの詳細はこちらより

プーケット旅行センター

 

Share Button