リン オーセンティックティー&スロー ドロップコーヒー ( RYN – Authentic Tea & Slow drop Coffee ) / プーケットタウンのカフェ

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回はプーケットタウンにあるカフェ・リン オーセンティックティー&スロー ドロップコーヒー (  RYN – Authentic Tea & Slow drop Coffee )を紹介します。

リン オーセンティックティー&スロー ドロップコーヒー ( RYN - Authentic Tea & Slow drop Coffee ) / プーケットタウンのカフェ
リン オーセンティックティー&スロー ドロップコーヒー ( RYN – Authentic Tea & Slow drop Coffee ) / プーケットタウンのカフェ

リン オーセンティックティー&スロー ドロップコーヒー ( RYN – Authentic Tea & Slow drop Coffee ) はプーケットタウンのYaowarat Rd とKrabi Rdの交差角付近にあるカフェであり、以前紹介したキャンパスコーヒー ロースター ( CAMPUS COFFEE ROASTER ) の隣にあります。

お店の外観は藁葺のひさし&もみじの葉のディスプレイなど、和を意識した落ち着いたものとなっており、オールドタウンのシノ・ポルトギース・スタイルの建物が並ぶ中では多少、異質に感じるかもしれません。
お店に入ると外観と同様に和のテイストを生かしたシンプルな色使いであり、スタッフが作業をするカウンターの棚にはコーヒーや紅茶、日本茶や中国茶を注ぐ為の色々な茶具が並べられております。客席は1階が小休憩にはちょうど良いサイズの1人掛けテーブル&椅子のセット6卓ほど。2階は半座位で寛げる卓が数卓ほどあり、プーケット?と思うような心地よい空間が味わえます。

 

抹茶&スイーツ
店名にあるRYN( タイ語にてお茶などを注ぐという意味との事。)の通り、リン オーセンティックティー&スロー ドロップコーヒー ( RYN – Authentic Tea & Slow drop Coffee ) では多方面の飲み物である、抹茶、ほうじ茶、各種コーヒー、ココア、数種類の中国茶が楽しめます。

今回、私が注文したものはKOICHA (抹茶の濃い味)の物。抹茶というとお湯で立てるイメージがあったのですが、ここでは冷水を使ってお茶を立てておりました。また、抹茶がダマにならないよう、茶こしを使ってふるいにかけていたのは正直驚きました。

広口の茶碗に注がれたKOICHA(抹茶の濃い味)とデザートしてオーダーをしたMIZU SHINGEN MOCHI(水信玄餅)。黒蜜ときな粉をまぶしたもちもちとした食感が楽しめる信玄餅は食べたことがあるのですが、水信玄餅はプルンとした舌触りであり、信玄餅とは全く違うもの。このようなものがプーケットで味わうことが出来るとは驚きです。

KOICHA(抹茶の濃い味)は程よい苦みが口の中に広がり、お茶請けの水信玄餅とよく合いました。(KOICHA-100バーツ ,MIZU SHINGEN MOCHI-70バーツ)

 

プーケットタウンにて和のテイストが味わえるリン オーセンティックティー&スロー ドロップコーヒー ( RYN – Authentic Tea & Slow drop Coffee )  はオールドタウンの散策の休憩所として立ち寄られてみては如何でしょうか?

リン オーセンティックティー&スロー ドロップコーヒー ( RYN – Authentic Tea & Slow drop Coffee )  
抹茶 100バーツ~ / スイーツ 70バーツ~
営業時間  09:00~20:00 ( 火曜日定休日 )

フェイスブック  https://www.facebook.com/ryntea.phuket/

リン オーセンティックティー&スロー ドロップコーヒー ( RYN – Authentic Tea & Slow drop Coffee )

プーケット旅行センター

Share Button