MEE NAM TON POE / หมี่น้ำต้นโพธิ์ ( ミーナム トンポー)

こんにちわ
プーケット旅行センターです。

今回はプーケットタウンにあるローカルレストラン ミー トン ポー (MEE TON POE) の メニュー・MEE NAM TON POE / หมี่น้ำต้นโพธิ์ ( ミーナム トンポー)を紹介します。

MEE NAM TON POE / หมี่น้ำต้นโพธิ์ ( ミーナム トンポー)

MEE NAM TON POE / หมี่น้ำต้นโพธิ์ ( ミーナム トンポー)はMEE TON POEにて提供されるメニューのひとつです。人気メニューであるとは異なり、一般的なスープありタイスタイルのラーメンです。魚介をベースとしたあっさりとしたスープのなかにイカや魚がトッピングしてあり、プーケットスタイルの太目の中華麺というスタイル。また、スープには豚皮を揚げた物が散りばめられており、食感の柔らかい魚や麺などと反比例した、コリコリとした食感が口の中で味わえます。

味付けの濃い福建麺の炒麺(MEE PAD HOK-KIEN)がMEE TON POEでは人気ですが、このMEE NAM TON POEも中々の物。タイのラーメンは日本のラーメンの5割程度のサイズのため、異なる味・MEE PAD HOK-KIENとMEE NAM TON POEの計2杯を味わってみると面白いかもしれません。

MEE NAM TON POE / หมี่น้ำต้นโพธิ์ ( ミーナム トンポー) – 60バーツ/杯

MEE TON POE (プーケットタウン)
営業時間 10:00 – 18:30 (休日-不定期)

MEE TON POE (カトゥ)
営業時間 09:00 – 20:00 (休日-不定期)

プーケット旅行センター

Share Button

PHUKET GROCERY(プーケット グロースリー)

こんにちわ
プーケット旅行センターです。

今回はプーケットタウンの東側にあるショッピングセンター・PHUKET GROCERY(プーケット グロースリー) を紹介します。

PHUKET GROCERY(プーケット グロースリー)

以前、弊社ブログにて紹介したGナイトマーケット ( G NIGHT MARKET ) そばにあるマーケット・PHUKET GROCERY(プーケット グロースリー)はタイでよく見かけるチェーンスーパーのBIG-CTESCO LOTUSのようなものですが、プーケットのみのローカルスーパーです。

建物は平屋の1階建てであり、店内を入ると手前にケンタッキーフライドチキンやピザハットなどの店舗が並んでいるエリアがあり、その先に食品などを販売しているエリアとなっています。商品の出し方は大手スーパーのBIG-CやTESCO LOTUSと比べるとやや弱い気がしますが、大手と同じような商品を扱っており、生鮮食品などが大手と比べると新鮮に感じました。

尚、建物の奥にはフードコートも用意されており、プーケットにて有名な日本食チェーンの魚輝水産の出店も確認できました。私が足を運んだ時間は昼過ぎだったため客足はまばらでしたが、夕方になると仕事帰りの買い物客で賑わうと思います。

ここ最近はツーリストをターゲットにしたお店が増えている様に感じますが、PHUKET GROCERY(プーケット グロースリー)は明らかにローカルをターゲットにした造り&価格であり、ローカルな雰囲気を味わいたいお客様にはお勧めのローカルスーパーです。

この場所は観光エリアではないので、ツーリストの方はあまり立ち寄らない場所だと思いますが、プーケットのタウンの散策でロビンソン周辺へ向った際は少し足を伸ばして覗いてみては如何でしょうか?

PHUKET GROCERY(プーケット グロースリー)
営業時間 08:00 – 23:00

プーケット旅行センター

Share Button

熟練スタッフによる、春巻き皮の製造風景 / Lock Tien Food Court ( 樂天フードコート / プーケットタウンのレストラン )

こんにちわ

プーケット旅行センターです。以前紹介しましたが、プーケットタウンのローカルフードコート Lock Tien Food Court ( 樂天 フードコート)の春巻きの皮の製造風景を動画にて紹介します。

Dibuk Road と Yaowarart Road の交差角に位置するこのフードコートは名前がとても珍しく、Lock Tien Food Court (樂天フードコート) と、日本のお客様には馴染みのある名前でしょう。ここはプーケットスタイルのローカルフードを味わうことが出来るフードコートですが、入り口近くでスタッフが何気なく、春巻きの皮のを作っていました。

右手側にに大きなボールを置いてあり、この中モチモチとした皮の材料が入っています。これを右手で丸め、目の前にある丸いガス代にチョン、チョンと軽く貼り付けるような感覚で置いてゆくと、ガス代には20センチ程度のクレープの皮のような物が出来ます。その後約30秒程度を過ぎた頃に、左手でこの皮をすいて左手奥にどんどんと置いてゆきます。

今の日本では人件費を抑えるために、このような作業は機械による製造かと思いますが、人件費の安いタイでは熟練スタッフの日常作業なのでしょう。周りのスタッフと談笑しながらのこの作業は本当に見事としかいえません。

Lock Tien Food Court ( 樂天フードコート)はオープンキッチンの為、各お店の料理人が調理風景が楽しめるので、味以外でも楽しめるお店です。プーケットタウンのオールドタウンへ向かわれた際は、足を運んでみると面白いでしょう。

Lock Tien Food Court ( 樂天フードコート )
営業時間 07:00頃 ~ 夕方 16:00頃まで

 

プーケット旅行センター

Share Button

2018年 プーケット・ベジタリアン フェスティバルの様子

こんにちわ

プーケット旅行センターです。今回は2018年 プーケット・ベジタリアン フェスティバルの様子をお知らせします。

2018年 プーケット・ベジタリアン フェスティバルの様子

既に始まっている2018年のプーケット・ベジタリアン・フェスティバル (2018年10月08日~10月17日)ですが、プーケットタウンでは各所にてパレードが行われております。
このパレードが通る前には大量の爆竹が鳴らされ、火薬の独特な煙が充満した空間の中から、苦行を行いながら行脚する人々が現れます。(彼らはトランス状態であるため、この状態でも痛みは感じないようです。)

 

この時期にはジェーと呼ばれる菜食料理がプーケットタウンの各屋台で販売されますが、この期間に私が好んで食べる物があります。以下写真の物が Ka Nnom Look Tao ( ขนมลูกเต๋า ) お菓子。
これは簡単に言うと固めの皮で包まれたあんこ入りの饅頭です。白あんと赤あんがあり、お店によっては粒あんのものもあります。大きさは4センチ角程度の物なので、お茶請けや小原がすいたときには丁度良いサイズなのです。日本人の口にも合うと思いますので、屋台で見かけたらぜひ食べてみてください。

 

上記以外にも野菜ジュースやフルーツジュース、かき揚げや野菜入りの春巻き、厚揚げ豆腐など各種ジェーを食べる事ができます。

これらは期間限定の料理ですので、プーケットタウンへ向い、この旗を掲げた屋台を見かけたらぜひ足を運んでみてください。

2018年 ベジタリアン フェスティバルのスケジュールは以下リンク先にて確認ください。(タイ語)https://www.phuketvegetarian.com/

過去のプーケット・ベジタリアン・フェスティバルの風景はリンク先にてご確認ください。

プーケット旅行センター

Share Button

トントン シーフード&チキンライス ( TongTong Seafood & Chicken rice / ตงตงข้าวมันไก่บ้าน สูตรเบตง ) / パトンビーチのレストラン

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回はパトンビーチのレストラ、トントン シーフード&チキンライス ( TongTong Seafood & Chicken rice / ตงตงข้าวมันไก่บ้าน สูตรเบตง )  を紹介します。

トントン シーフード&チキンライス ( TongTong Seafood & Chicken rice / ตงตงข้าวมันไก่บ้าน สูตรเบตง ) / パトンビーチのレストラン

トントン シーフード&チキンライス ( TongTong Seafood & Chicken rice / ตงตงข้าวมันไก่บ้าน สูตรเบตง ) はパトンビーチのビーチ通り(Thawewong Road)から東へ2本奥・3本目の通り(Phangmuang Sai Kor Rd)にあるチキンライス&シーフードのレストランであり、以前に紹介したトントン チキンライス(プーケットタウン)の支店です。お店には大きな店名の入った看板が掲げられており、両端に『東東(トントン)』と書いてあるので分かりやすいと思います。
ここはプーケットタウンのお店とは異なり、シーフードも楽しめるレストランであり、お店の前にはエビやカニ、魚などが泳いでいる水槽が並べてあります。(勿論、チキンライス用の鶏肉も掲げられています。)

 

今回オーダーしたものはチキンライスのみ。プーケットタウンの店舗同様、ゼラチン質がたっぷりと残った鶏肉のぷりぷり感が味わえるものであり、中華料理で前菜に提供されるオードブルのような味わいでした。(シンガポールで楽しめるチキンライスも同じような食感です。)
添えられたたれはニンニクとしょうがの風味が効いたピリ辛の物。プーケットタウンのたれと比べると若干、辛味を抑えているような気がします。(多分、同じ辛さだとツーリストの多いパトンビーチでは受けが悪いのでしょう。)

 

【トントン シーフード&チキンライス ( TongTong Seafood & Chicken rice / ตงตงข้าวมันไก่บ้าน สูตรเบตง ) のメニュー】
メニュー表記は英語、中国語、タイ語で表示されており、人気のメニューは写真が添えられています。そのため、注文の際はそれ程困らないと思います。

スライドショーには JavaScript が必要です。

トン・トン・シーフード&チキンライス ( TongTong Seafood & Chicken rice / ตงตงข้าวมันไก่บ้าน สูตรเบตง )
チキンライス 55バーツ~ / ソフトドリンク 20バーツ~
電話 087-407-5802
フェイスブック
営業時間 11:00 ~23:30

トントン シーフード&チキンライス ( TongTong Seafood & Chicken rice / ตงตงข้าวมันไก่บ้าน สูตรเบตง )  のロケーションはプーケットタウンの店舗と同様にそれ程いい場所にはありません。しかしながら、パトンビーチ店舗が出来たので、わざわざプーケットタウンへ足を運ばなくても美味しいチキンライスが味わえるようになったのは嬉しいですね。
また、チキンライスがお好きな方はパトンビーチの人気店のバイレイと食べ比べをしても面白いかもしれません。

プーケット旅行センター

Share Button