プーケットタウンのレストランについて

スリー モンキーズ レストラン ( THREE MONKEYS RESTAURANT ) / プーケットタウンのレストラン

こんにちわ

今回はプーケットタウンの南端に位置するレストラン、スリー モンキーズ レストラン ( THREE MONKEYS RESTAURANT ) を紹介します。

スリー モンキーズ レストラン ( THREE MONKEYS RESTAURANT ) / プーケットタウンのレストラン

【スリー モンキーズ レストラン ( THREE MONKEYS RESTAURANT )の雰囲気
スリー モンキーズ レストラン ( TREE MONKEYS RESTAURANT )は人気のアクティビティである・ハヌマーンワールドの敷地内あり、2018年08月にオープンした新しいレストランです。周辺は南国の木々に囲まれ、木材をふんだんに使ったお店のデザインは独特な雰囲気です。

また、店名のスリーモンキーはお店の看板から察すると、栃木にある日光東照宮の有名な彫刻・三猿の『見ざる、言わざる、聞かざる』をモチーフとした物。三猿はタイは勿論のこと、アメリカやヨーロッパ、アジアやアフリカなど世界各国に知られた有名な言葉です。

レストランの収容人数は約240人( 1階 – 屋内・10卓・60名程度 / 2階 – 屋内・44卓・180名程度 )もあり、レストランとしては大規模な部類に入るでしょう。ここで楽しめる料理はタイ料理&プーケットのローカル料理がメインですが、寿司などの和食も楽しむ事ができます。

【スリー モンキーズ レストラン ( THREE MONKEYS RESTAURANT )・1階
1階は屋内の座席のみです。ここは1面ガラス張りのデザインのため、何処の座席で食事を楽しんでも屋外の緑が楽しめる物となっています。

 

【スリー モンキーズ レストラン ( THREE MONKEYS RESTAURANT )・2階/メインエリア
大きく分けて4種類の座席タイプがあります。

 

ドーム下の座席(椅子無し)
R形状に曲げられた丸パイプの上に、木材と乾燥させたヤシの葉を屋根材としてを構成されたナチュラル間あふれるドームの下にそのまま座って食事を楽しむ場所です。日本人の視点から考えると、座椅子が欲しいですね。(笑)

 

屋外カウンター席
おおよそ8メートル程度の長さのカウンター席であり、緑に覆われた山を眺めながらの食事が楽しめます。ここでは食事というよりもカクテルやビールを軽く一杯と行ったところでしょう。

 

屋外テラス席 (端)
屋外カウンター席の右端にある座席であり、テーブル&ヤシの葉で編みこんだソファの物と、2人掛けの大きな同様のヤシの葉で編みこんだソファの2タイプがあります。2人掛けの前には大人1人が寝そべる事ができる150センチ角のネットが用意されており、ここで寛ぐ事ができます。

 

テーブル席
かなりの年月を重ねた樹木のそばにあるテーブル席です。ご家族で食事を楽しむのなら、ココの場所が一番お勧めかもしれません。

 

 

【スリー モンキーズ レストラン ( THREE MONKEYS RESTAURANT )・1階・喫煙エリア&トイレ
店内は禁煙ですが、愛煙家用に喫煙エリアも用意されております。また、トイレはタイでありがちなローカルな物ではなく、清潔感のある様式のトイレが設置されております。

 

【スリー モンキーズ レストラン ( THREE MONKEYS RESTAURANT )・食事
タイの一般的な料理やプーケットスタイルの料理など色とりどりの料理が用意されております。どれも美しいお皿に綺麗な盛り付けなので、どれもインスタ映えする美しさです。

 

【スリー モンキーズ レストラン ( THREE MONKEYS RESTAURANT ) のメニュー】
ソフトドリンクやコーヒー類は100バーツ程度、ローカルビールは100バーツより。タイ料理は200バーツ程度から楽しめます。

プーケットといえば美しいサンセットを眺めながらの食事というイメージが強いですが、スリー モンキーズ レストランの様な南国の木々があふれる中での食事も悪くないと思います。この独特な雰囲気の中でのゆっくりとした空間にて、ゆっくりとお食事は如何でしょうか?

事前に弊社へご連絡を頂ければ、ハヌマーンワールドを楽しまれた後に、スリー モンキーズ レストランでのお食事も可能です。(復路のホテルへのお送りはハヌマーンワールドの車でご案内します。)

スリー モンキーズ レストラン ( THREE MONKEYS RESTAURANT )

FACEBOOK   https://www.facebook.com/ristosalute/
住所  105 Moo 4, Muang Chaofah Rd., Wichit, Phuket Town, Phuket 83000, Thailand
電話番号 098 010 8838
営業時間  08:00-22:00

 

プーケット旅行センター

Share Button

カオトム・ムー・プーケット / ( khao-Tom moo Phuket / ร้านข้าวต้มหมูภูเก็ต ) / プーケットタウンのレストラン

こんにちわ
プーケット旅行センターです。

今回はプーケットタウンにあるローカルレストラ・カオトム・ムー・プーケット / ( khao-Tom moo Phuket / ร้านข้าวต้มหมูภูเก็ต )紹介します。

ミースワ ( Mee-soua / Phuket Style noodle / หมี่สั่วภูเก็ต ) /カオトム・ムー・プーケット / ( khao-Tom moo Phuket / ร้านข้าวต้มหมูภูเก็ต )

 

店名にもなっている・カオトム・ムー・プーケット / ( khao-Tom moo Phuket / ร้านข้าวต้มหมูภูเก็ต )は商品名・豚肉入りのおかゆが店名になっております。

A-お米、B-ミースワ(プーケットスタイルの小麦粉で作った麺・日本で言う素麺)、C-ママー(即席麺)から選び、豚挽き肉、豚レバー透明のスープに入れて食べる中華スタイルの朝食です。

特にミースワはプーケットで味わえる独特の麺であり、プーケット以外のタイでは中々お目にかかることが出来ない物です。これはプーケットタウンには中華系のタイ人が多く滞在しており、その文化が今でも根付いている食文化と言えるでしょう。

食べ方はあっさりとしたスープの中にしょうがの千切り、唐辛子、砂糖、コショウ、お酢、ナンプラーをお好みの料を入れて混ぜるだけ。ミースワの喉越しの良い、柔らかい食感が食欲をそそります。

 

カオトム・ムー・プーケット / ( khao-Tom moo Phuket / ร้านข้าวต้มหมูภูเก็ต )には上記以外にも飲茶なども販売しており、07:00~08:00頃の朝食時には、店の前に並んでいるテーブルが地元の人達であふれかえる程の人気店です。

 

地元の人達と一緒にこのテーブルに座って食べる食事は、日本では中々味わえないでしょう。プーケットタウン周辺のホテルに宿泊の際は、立ち寄ってみては如何でしょうか?

カオトム・ムー・プーケット / ( khao-Tom moo Phuket / ร้านข้าวต้มหมูภูเก็ต )
営業時間 06:00 – 11:00(休日-不定期)
ミースワ -40バーツ

プーケット旅行センター

Share Button

ウィッタヤ・ホーム・ブルーウィング ( Witthaya Home Brewing ) / プーケットタウンのカフェ

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回はプーケットタウンにあるローカルカフェ・ウィッタヤ・ホーム・ブルーウィング ( Witthaya Home Brewing ) を紹介します。

ウィッタヤ・ホーム・ブルーウィング ( Witthaya Home Brewing ) / プーケットタウンのカフェ

ウィッタヤ・ホーム・ブルーウィング ( Witthaya Home Brewing ) はプーケットタウンの外れにあるローカルなカフェです。場所はプーケットタウン・オールドタウンから北側に続いているYaowarat 通りの細道を入り、のどかな風景の中に建っている軒を連ねている長屋の一角にあります。一見するとカフェには見えませんが、店の前に置かれているテーブルを見ると多くのお客さんが店外でコーヒーを楽しむ姿が見られます。

店内は飾り気のないコンクリート打ちっぱなしの床や壁であり、メニューは壁に手書きで書かれたシンプルな物。この独特な空間にいるだけでもワクワクとさせてくれるカフェです。

 

 

アイスコーヒー – 65バーツ/杯
ウィッタヤ・ホーム・ブルーウィング ( Witthaya Home Brewing )自慢のコーヒー豆をペーパーフィルターを敷いたドリッパーのに敷き、ゆっくりとドリップポットからお湯を注いで行きます。

 

カフェラテ – 65バーツ/杯
エスプレッソマシーンを使い、抽出した濃いコーヒーに泡立てたホットミルクを入れて仕上げます。仕上げはコーヒーの表面にコーヒーアートを描いてくれる細やかさ。店のスタッフの仕事ぶりを眺めるだけでも面白いですね。

 

ウィッタヤ・ホーム・ブルーウィング ( Witthaya Home Brewing )
住所 222/8 Soi Ruangrawee, Amphoe Mueang Phuket, Chang Wat Phuket 83000
電話 088 750 7982
フェイスブック https://www.facebook.com/witthayahomebrewing/
営業時間 08:00 ~16:00 (定休日 – 月曜日)

 

場所柄、ウィッタヤ・ホーム・ブルーウィング ( Witthaya Home Brewing )のお客様は地元のタイの方が殆どでした。忙しないツーリストエリアであるパトンビーチのカフェとは違い、のんびりとコーヒーの味と店の雰囲気を味わいたいお客様にお勧めのカフェです。

プーケット旅行センター

Share Button

ムーコーブ・ジーホン ( Moo Krob Ji Hong / ร้านหมูกรอบจี้ฮ้อง ) / プーケットタウンのレストラン

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回はプーケットタウンにあるローカル レストラン・ムーコーブ・ジーホン ( Moo Krob Ji Hong / ร้านหมูกรอบจี้ฮ้อง ) を紹介します。

ムーコーブ・ジーホン ( Moo Krob Ji Hong / ร้านหมูกรอบจี้ฮ้อง )

ムーコーブ・ジーホン ( Moo Krob Ji Hong / ร้านหมูกรอบจี้ฮ้อง ) はプーケットタウンのはずれ・Songkram Road沿いにあるローカルレストランです。飾り気のない店構えにはガラスケースないにムーコーブ(豚バラ肉をローストしたもの)、ムーデーン(焼豚)、ガイヤーン(鶏肉のバーベキュー)がトレーの上に雑多に積まれております。また、08:00頃にお店に伺ったため、店頭には朝食や昼食のために持ち帰り用の弁当を待つお客様で賑わっています。

【ムーコーブ・ジーホン ( Moo Krob Ji Hong / ร้านหมูกรอบจี้ฮ้อง )のお店の外観】

【ムーコーブ・ジーホン ( Moo Krob Ji Hong / ร้านหมูกรอบจี้ฮ้อง )の店頭に並んでいる食材】
ガラスケース内や店頭に並んでいる食材・ムーコーブ(豚バラ肉を揚げたもの)、ムーデーン(焼豚)、ガイヤーン(鶏肉のバーベキュー)が丸のまま置かれているのでとても迫力があります。

オーダーが入ると、これらを10センチほどの厚みのある円形の木製のまな板の上に乗せ、中華包丁で豪快に『ドン、ドン』と食材を切りつけてご飯の上に乗せて行きます。調理人と手元の流れ作業はとても見事であり、思わず見入ってしまうでしょう。

 

今回オーダーしたものはスタンダードな物・カオ・ムーデーン・ムーコーブ。鶏肉のだしで炊いたご飯の上にムーコーブ(豚バラ肉をローストしたもの)&ムーデーン(焼豚)が盛られており、付け合せにチキンスープが提供されます。またテーブルにはパクチーやねぎなどが盛られてあるお皿が置いてあり、各自好みでご飯の上に乗せます。

テーブルの上にはチキンライス様や各種ご飯用のソースが置かれておりますが、このご飯には甘辛い写真のソースをかけてください。(どのソースを使ったらよいか分からない場合は、スタッフに聞くか。周りの人が何を掛けているか見たほうが良いでしょう。)

ここのお店のムーデーン(焼豚)とムーコーブ(豚バラ肉をローストしたもの)は他店と比べると切り方に厚みがあり、とてもボリューム感のあるものです。特にムーコーブ(豚バラ肉をローストしたもの)はじっくりとローストされ、中身はジューシーであり、外側はクリスピーな歯ごたえの異なる食感が同時に味わえるもの。日本ではなかなか口に出来ない食品だと思います。

ムーコーブ・ジーホン ( Moo Krob Ji Hong / ร้านหมูกรอบจี้ฮ้อง ) 
カオ・ムーデーン・ムーコーブ 45バーツ~
住所 66/6  Songkram Rd, Tambon Talat Nuea, Amphoe Mueang Phuket, Chang Wat Phuket 83000
営業時間 06:00 ~15:00

ムーコーブ・ジーホン ( Moo Krob Ji Hong / ร้านหมูกรอบจี้ฮ้อง ) のロケーションはここを目的とする以外、周辺には目印がないローカルエリアですが、来店された際はその美味しさに驚かれることでしょう。近くに寄った際はぜひ立ち寄ってみてください。

 

プーケット旅行センター

Share Button

マイカフェ ( My Cafe Phuket ) / プーケットタウンのカフェ

こんにちわ
プーケット旅行センターです。今回はマイカフェ( My Cafe Phuket ) を紹介します。

マイカフェ ( My Cafe Phuket ) は2018年07月28日(土曜日)・関西テレビのにじいろジーン・ジーンちゃんが世界のごちそういただきます♪にてインスタ映えするスイーツとして紹介されたカフェです。

マイカフェ( My Cafe Phuket )へは昼前に足を運びましたが、クーラーの効いた室内でコーヒーを楽しむ人達を数人見かけました。お店のスタッフへ聞いてみると夕方になると地元の高校生が集まり、ここのスイーツを楽しんでいるとのことです。( インスタ映えするスイーツは地元の人にも人気のようですね。)

 

スノーボール – 189バーツ
関西テレビのにじいろジーン・ジーンちゃんが世界のごちそういただきます♪にて紹介していた商品です。(テレビ似て紹介されていた物はチョコレートマジックボール 189バーツ)

野球のボールよりやや大きい程度の球体の形をしたホワイトチョコレートの中にバニラアイスクリームが入った物です。テーブルに提供された際は、ただの球体にしか見えませんが、添えられている適度に暖められたストロベリーソースを上からかけると、ホワイトチョコレートが溶けて中に隠れていたアイスクリームが現れます。

アイスクリームの下にはカットされたバナナやイチゴ、キウィとシリアルがちりばめられているので、溶けたホワイトチョコレートを崩しながら、アイスクリームと一緒に食べるとちょっとしたパフェのようなテイストが楽しめます。

【マイカフェ ( My Cafe Phuket )のメニュー】

スノーボール以外にも沢山のインスタ映えするスイーツがあります。どれも目移りするような飾り付けのため、大勢にて向かい、それぞれ別の物をオーダーしても良いでしょう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

マイカフェ ( My Cafe Phuket )
ホットコーヒー  50バーツ / スノーボール  189バーツ
住所 55 Radsada Road, Amphoe Mueang Phuket, Chang Wat Phuket 83000
電話 099 362 4465
フェイスブック https://www.facebook.com/mycafe.dessert/
営業時間 10:00 ~22:00

 

マイカフェ ( My Cafe Phuket ) はプーケットタウン・オールドタウンと言われているエリアから徒歩すぐの距離のため、オールドタウンの散策後の休憩場所としてお勧めです。また、弊社にてご案内をしている運転手つきカーレンタルのコースの1つとして追加されても宜しいかもしれません。

インスタ映えするスイーツを味わってみたいお客様へ如何でしょうか?

 

プーケット旅行センター

Share Button